長崎県の時津町にある岩の上に岩が乗った奇岩「継石坊主」。
いまにも落ちてきそうで、決して落ちない岩が、 いかにして時津町のシンボル「鯖くさらかし岩」と呼ばれるようになったのか。 そこには一人の若者と岩の守り神、そしてさばとの友情(!?)の物語が あったのです! 時津に古くから伝わる民話を現代風にアレンジした オリジナルストーリーをお楽しみください。

(制作:時津町民総活躍プロジェクト推進委員会)

関連記事